Skip to content

宮城県の求人は付加価値が重要

宮城県の求人情報を手に取り応募する方というのは、東京で働いている方が多いという共通点があります。

さほど距離が離れていないため、学校を卒業したのと同時に東京に移り住んで就職するためです。しかし、環境の変化などにより生まれ育った宮城県に戻り、職を得るために求人情報を欲するという流れです。東京のようにライバルが少ないのでスムーズに就職できるように考えられる事も多いのですが、求人の絶対数が少ないので結果的には競争率が高くなります。

仮に30代で宮城に戻るという場合は、およそ10年間働いている事になるので、込み入ったスキルや知識を得ています。当事者としてはこうした専門性が高い知識やスキルを持って求人に応募すれば採用される可能性が高まると思いがちですが、実際は他者と差別化することは難しいです。

その理由は、働いていれば誰もが勤続年数に応じて専門性が高い知識を得る事になるためです。そこで、大切なのは取引先企業などと太いコネクションを有しており、会社の中で最も頼られていたというような実績です。

また、一人の社員であったもののマネジメント力などに優れており社長や役員クラスの人々が参加する現場に立ち会っていたというエピソードも有効です。もちろん、これまでの会社の理念などを押し曲げようといった気持ちを持ってはいけませんが、経営者と同じ立場に立ってサポートする能力があるというのはトップの立場からすると頼もしい人材と言えるでしょう。

マイナビエージェント ITについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です