Skip to content

人手不足が続く宮城の求人

先の震災で道路や橋などの公共インフラや公共施設、住宅やマンションなどに大きな被害が生じた宮城県では、復興が始まって以来、多くの企業で人手不足の状態が続いています。

有効求人倍率は、全国平均にくらべると高水準で推移しており、建設業や製造業の現場での人手不足が目立つ状況です。復興のためにたくさんの労働力が必要となっているにもかかわらず、企業が求人を出してもなかなか人が集まらないため、宮城県の企業では全国各地から労働者を受け入れています。

そのため、宮城県の求人は、県外の人にとっても検討してみる価値のあるものです。現地までの交通費や滞在費は、ほとんどの場合企業が負担してくれます。飛行機や新幹線を利用して宮城県に行って数万円の交通費がかかったとしても、すべて支給されるので自己負担する必要はありません。

また、現地では社員寮や会社が借り上げたアパートに住めるため、家賃負担を大幅に軽減することが可能です。その他にも、食費の補助や入社祝い金の支給など、働く人にとって有利な条件がついていることが多くなっています。

現地での住居費や生活費の出費が少なくてすむため、給料のほとんどを貯金や家族への仕送りに回すことが可能です。東北各県だけでなく、北海道や関東地方からも多くの人が、求人に応募していますが、まだまだ求職者が少ない状況に変わりありません。

地元の仕事が見つからないとき、短期間でまとめて稼ぎたいときなどに、考慮してみる価値はあるでしょう。

マイナビエージェント ITについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です